かなに親しむ 入門[7/3(水)〜]春期(2)

受講申込

講座概要

講座番号 1050-2024S021
曜日 水曜日
開講期間 2024/07/03(水)2024/09/25(水)
時間 15:00~16:40
受付期間 2024/03/06(水)2024/06/26(水)
受講料 一般:26,400円、 学友会終身会員:21,120円、 学友会年会員:21,120円、 在学生:26,400円
実施方法 対面
会場 玉川大学(大学1号館)
講師 久保田 麗雲
講座レベル

講座の内容

中国から文字が伝来して以来、日本人はそこに美しさをも求め、それぞれの時代にその美しさを開花させてきました。その中でもかなは、日本で生まれ育ったわが国固有の文化であり、日本人の美意識の精華とも言えるものです。美しいかなとはどのようなものか、伝統的なかなを基礎から学んでいきます。「入門講座」は、まず、いろはの単体と変体かなをじっくり学んでいきます。次に、かな独特の連綿の技法と用墨法(墨の濃淡潤渇の綾)を学びます。そして、かなの醍醐味である「ちらし」に入ります。また折にふれ料紙の説明もしていきます。

講座関連画像

講座スケジュール

実施日 備考
1 2024/07/03(水)
2 2024/07/10(水)
3 2024/07/17(水)
4 2024/07/31(水)
5 2024/09/04(水)
6 2024/09/11(水)
7 2024/09/18(水)
8 2024/09/25(水)

対象

どなたでも

教材

『かなの美』桑田笹舟著/教材費別途3,300円(税込・講座内で販売いたします)

持ち物

書道道具、筆記用具、テキスト

講師紹介

久保田 麗雲
読売書法展理事・謙慎書道展常任理事
1949年生
仮名を東山一郎、岩井秀樹、漢字を上條信山、古谷蒼韻に指導を受ける。
料紙製作も。(自作の料紙にかなを書く)
日展入選。2021年、吉祥寺第一ホテルにて個展開催。謙慎書道展、読売書法展審査員。

墨のすり方、筆のおろし方、かなの書き方をいろはの「い」から指導します。料紙についての基本学習もします。希望する方には古筆の学びに進みます。日本文化としてのかなの美しさを伝えたいと思います。

久保田 麗雲